2007年03月22日

黒ウィニー定義論

まずもともとウィニーとはなんだろうか

以下wiki引用
1〜2国力でプレイ出来るカードばかりで構成されるデッキの事。
ガンダムウォーでは各色に1タイプ以上のウィニーデッキが存在するが、「ユニットを多数場に出し、殴って勝つ」という戦略は共通している

青や緑では2国まででなんとか制圧できる
しかし茶、黒、赤、白などは3国から動くもののほうが多いのではないか

今現在ならヴァリアブル登場もあって1〜3国までの範囲で考えるべきだろう

黒である利点
・ハンデスができる
報道された戦争、シンデレラフォウ、シロッコの眼などの優秀なハンデスカードが存在し相手の展開を遅らせることができる
・他の色に比べてコントロール性が高い
スードリ、ルペ・シノなどで場のコントロールを行うことができる(まあ赤にはかないませんが)
・1ターンだけでの打点だけなら他の色より高い
特攻、死守、決戦、ドゥカー・イクなどが存在し、1ターンのみ戦闘力の増加が期待できる
・高機動が他の色に比べて多い
多いです。シャッコー、ギャプラン(ブースター装備)、ガンダム試作0号機など優秀な高機動ユニットがあります

黒であるがゆえのデメリット
・平均してダメージ量が安定しない
構築にもよりますがまったくといっていいほど安定しません。青ウィニー、緑ウィニーと比べるとかなり極端に1ターンのダメージが偏ります
・耐久力が低い
低いです。気化爆弾、アプサラスUで壊滅的状況になります
・資源コストが多い
これも多いですね、ハンデス、決戦などで大量の資源を払います。ウィニー対決ではかなり不利です

こんなもんですかね
ついでにひーとさんのオリジンウィニーを試してみましたがオリジンウィニーという形は青だからできるのであって黒では無理です

まあ結局は3種に分かれるんですね
展開型黒ウィニー(BB1ハイザック、シノーペなど展開力のあるユニットが多くはいっているタイプ)
高機動型黒ウィニー(ハイザック(ベース・ジャバー装備)やガンダム試作0号機などが主力のタイプ)
コントロール型黒ウィニー(ルペ・シノ、スードリなどを使用したコントロール型のタイプ※黒いのさんお得意のウィニータイプ)

どれがいいのかとかそういう話はまた次回
posted by 潮土器 at 01:29| Comment(2) | TrackBack(0) | GW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あービビッタw
なんか化け物バンバン撃ってたらキーーってなんか出てきたww
Posted by 星くず at 2007年03月22日 18:56
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 15:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36540990

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。